房総の丘陵は第三紀層からなり南面が隆起した断層で三石山系の山林に降った雨水が地層をくぐってろ過されて久留里方面の井戸に湧き出てくる。
上町高澤家の井戸は上総掘りで深さ600メートルの一枚を打ち抜きその下の荒砂層から湧き出て、水量毎分100リットルである。
千葉県薬剤師会の検査センターでの水質検査の結果、塩素系・細菌群・硬物質系共に検出されず透明度等も最上質の飲料水として折り紙付きである。

井戸マップ

井戸の絵をクリックすると写真を見ることができます